外注向けビジネスとは

アウトソーシングとビジネス

ビジネスとアウトソーシング

アウトソーシングは直訳すると、外部からの調達という意味になりますが、一般的には、そのうち主に人材とそれに付随するスキルを示す場合を言います。最初は会計や給与計算といった種類の専門性を有する分野での効率等を考える場合が多かったのですが、現在では、ビジネスとして、それ以上の意味を持ちます。まず、専門性を持つ社員を育てるより、専門家に任せたほうがコストがかからないことです。次に、専門家に任せたほうが効率的でミスのない仕事が可能です。専門家としても、自分のスキルをつけてアウトソーシングを受け続けるビジネス戦略が必要です。これにより、企業本体もアウトソーサーもスキルを向上させることにもなります。

アウトソーシングに向く業務

ビジネスを行う上ですべての業務を自前でやる必要はありません。いくつかの業務はアウトソーシングを検討する必要があります。まず検討すべき業務は、年間の業務量の変動が大きい業務です。ともすれば業務量が最大となる時期を基準に人員を確保すると、閑散期には人員を遊ばせておくことになります。このような業務は業務量が最小となる時期に合わせて、人員を確保し、その他の時期には仕事をアウトソーシングする事が、ビジネスを成功させるための一つの方法です。例えば、年末調整の時期には経理部が最も忙しくなりますが、その一部を社外に委託することによって、経費を削減できます。

↑PAGE TOP