外注すべきビジネス

アウトソース向けビジネス

アウトソーシングすべきビジネス

ビジネスを行う上ですべての業務を自社で行う事が良いこととは限りません。アウトソーシングを検討すべき業務の典型的な特徴は業務量の変動が激しいことです。繁忙期の業務量に合わせて人員を確保すると、その他の期間には手余りになってしまい、ビジネスを行う上でハンデとなってしまいます。一般的に考えられている業務は年末調整の業務をアウトソーシングする事です。経理部の負荷は年末調整の時期に最大となるので、閑散期の人員を基本とし、それ以外の業務を社外に委託することで全体としての経費を削減することを目的としています。

アウトソーシング活用のメリット

新規ビジネス立ち上げ時に、正社員を育成して専門性の高い業務を行わせるには時間とコストがかかります。アウトソーシングを利用することにより、余裕ができた社員を異なる業務で活かすことができるようになるため、経営資源を効率良く活用することができます。事業環境がめまぐるしく変化する今日、これまで以上にビジネスには「スピード」が重要になっています。コストダウンにつながるアウトソーシングを活用することにより、生産性を高め、自社の競争力を強化することができます。コストのかからない強力な助っ人と考え、利用を検討してみても良いですね。

↑PAGE TOP